sunao は
未来でも過去でもない、いつの日も
あなたの「今」に寄り添う
プロダクトをご提案しています。

 

sunao の考え方

自分というコップが満たされ溢れだし
その周りの大地を潤していくかのように

大和言葉のすなお、歴史的仮名遣いをすると「すなほ」というのは、実は「自分に与えられている天性を活かし、もっと大きな生き方をする=命を使い尽くす」という意味を持つといいます。
これは、過去や現在にとらわれず未来を描き、幸福感に満ちた「今」を生きるということではないでしょうか。

私たちは、まず、「わたし」という存在を意識することからはじめることを提案します。その一つの手立てがスキンケアでした。
古来から女性が永遠のテーマとして美しさを求め紡がれてきた習慣を、ポジティブマインドを生み出す自分と向き合う時間として新たに紡いでいきます。
そんな自分と向き合う時間を持つことは暮らしのあちらこちらにそれとなく変化をもたらし、やがて自分を取り巻く関係性が少しずつ新しく形づくられていくことに気が付くはずです。

まさに今、私たちはsunaoをきっかけとして同じ未来を共有する仲間とこらからの時代を創造しています。
全てのはじまりは、「わたし」という存在があってこそ。
それは、自分というコップが満たされ溢れだし、その周りの大地を潤していくかのように。

 

はじまりのお話

これは私たちのはじまりのお話、そして、このsunaoのはじまりのお話です。
そんな製品に魅了されたのは誰でもない、私、でした。私とは結婚を機にこの家に嫁いだsunaoの代表を務めております青山祐貴子と申します。

義父と義母がスキンケア製品を開発することになったのも、原料の取扱い事業に携わったことがきっかけでした。歩みを進める中で原料への知識を熟知し、厳選原料を使ったスキンケア製品・健康食品を開発していくことに方向性が大きく変わっていきました。そして、OEM受託事業として展開を広げることになりました。

ここでひとつの転機が訪れました。納得できる原料がなかったという理由から独自原料を開発することになったのです。そこで着目したのが古来より美と健康の秘薬とされてきた「プラセンタ」でした。原料を探していくうちに、日本はもちろん世界中を探しても納得できる原料がないことから、原料調達から加工まで完全主導のもと原料を完成させるに至りました。大学などの研究機関での検査を経て安心安全で体感できる独自開発原料が誕生したのです。
それだけに飽き足らず、新規原料や、より効果のある原料の組み合わせを研究していくうちに、作り手である自分たちが使い続けたいもの、大切な人に使い続けてほしいもの、をもっと追求していきたいという思いに駆られたのです。

そんなある日、義母が息子たちに「最近、老けたよね」と言われたそうです。それを聞いた義父が「これでは本末転倒、誰のために製品を作るのか。目の前にいる自分の大切な人をキレイにしなくては」と奮い立ちました。そう、ここで「自分たちが使い続けたいものを追求する」という想いは決意に変わったのでした。そうして、独自開発原料であるウマプラセンタをベースにスキンケア製品の開発を手がけていくこととなりました。
同時に、仕事や家事、育児に追われる女性たちが、キレイになるためのスキンケアの時間を楽しんでいない、楽しめていないことに気がつきました。たくさんのラインナップをこなさなければならない面倒な作業の時間ではなく、夢見る時間にしたいと、シンプルで効率的にキレイを目指すことのできるスキンケア開発の研究が繰り返されていくことになったのです。

そんな物語をもつ製品を手にした私は、まず義父と義母の素直な姿勢に感銘を受けました。出産を機に暮らしを共にすることとなり、さらにそこにかける想いを知りました。知れば知るほどに製品だけでなくこの想いをも一緒に、沢山の人に知っていただきたいと考えるようになったのです。
この製品とこの想いを知っていただくことは自分たちと同じような境遇に立つ方々の現状を解決する一手になってくれるのではないかと思っています。

どんなモノもそれを作った人がいます。その想いにふれることは人生すら変えてしまうこともあるのだと自分自身の経験をもって感じています。そんな想いすらを容易に超えてしまうほどの製品がここに存在することは私たちが素直に「未来」と向き合える根源でもあります。「スナオ」という名に恥じないように、これからも私たちは一歩一歩、丁寧に目の前の大地を力強くしなやかに歩み、進んでいきます。