今年で3年度目、近畿大学での授業がはじまりました

 

今年度も近畿大学 経営学部 文能ゼミとの産学協同研究がはじまりました。

早いもので3年が経ちますが毎年、真っすぐでキラキラした大学生の皆さんと出会うことのできるこの機会は気持ちが晴れ晴れします。

 

さて、sunaoはこれまで製品と世界観とを共に打ち出し歩みを進めてきました。

すると引き寄せられたかのように同じ価値観を持つ方々との巡り合わせをいただき「美しい、をたのしむ」という大きなテーマが生まれてきました。

 

「美しい、をたのしむ」とは、みる・きく・かぐ・あじわう・ふれる・きづく、人間に備わるそれらの感覚が過敏になることも鈍感になることもなく、素直な状態であると私たちは捉えています。

 

今回は「美しい、をたのしむ」というテーマを元に、授業を進め、そして、「ヨガ」を通して体感をしていただく時間をご提案しました。

ヨガの講師を務めていただいたのはアロマセラピスト・ヨガインストラクター 早川有香さん。

実は、近畿大学法学部出身の近大OG。学生当時は吹奏楽部に所属し部活に学業に勤しんでいたそうです。

 

また、近畿大学では今春、 ACADEMIC THEATER(アカデミックシアター)という革新的な図書館が誕生しました。

特に注目されているのが、中核にある「マンガ」がメインのフロア。

そう、今年度 ACADEMIC THEATER で授業を展開させていただくことになりました。

 

木漏れ日が差し込み、呼吸とともに穏やかに時を重ねていく時間は学生の皆さんの今後の糧になったことと思います。