愛、つたえる手。

こんにちは。
いつも、ありがとうございます。
青山ユキコです。

今日は、sunaoを使ったエステをしている
素直な女性、 rieさんをご紹介します。

今、rieさんと一緒に、sunaoの活用方法や、
クロウォッシュでするマッサージの研究をしています。
今後、皆さんにも情報をシェアしていきますので
どうぞよろしくお願いします◎

それでは!
rieさんからご挨拶ですっ!

=======

はじめまして!

京都 西大路でsunaoを使った
フェイシャルエステをしております
セラピストrieです。

これから時折
こちらに記事を書かせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

施術中

私のお店の名前は、ハワイ語で、
LeiAloha(レイアロハ)。

日本語で、「子どもへの愛」という意味です。

母の子に対する愛は、「見返りを求めない愛」。

その究極の愛をもって、お客様と真摯に向き合いたい、
という気持ちと、
私自身、息子が二人おり、
その息子たちに対する、愛と感謝をこめて
この屋号に決めました。

サロンの詳細は…
http://ameblo.jp/love-lomilomi/
サロン

自分のお店を持ちたいと思ったのは、
6年ほど前で、まだ私は27歳でした。

子どもを産み育てながら、
経験を積み、お店を持ち、
いつのまにか今年で34歳です。

時が過ぎるのは早いですね。

若くなくなった今こそ、思います。

これからは自分の生きていく軌跡が
見た目に表れる、と。

そして、
女性として生まれた以上、
美しくありたい、
美しく生きたい、と。

言葉では表現しづらいのですが
私にとって「美しく生きる」とは
「丁寧に、ゆとりを持って、幸せに生きる」
ということです。

美しく生きようとするならば
まずは、お肌のお手入れが変わりますし
それから、お化粧の仕方、ヘアースタイル、お洋服の色が変わります。

自ずと、選ぶ言葉、所作、行動内容自体も変わっていくでしょう。

見た目が美しくなると、心にゆとりが生まれます。

心にゆとりのある女性には、やわらかさ、包容力があり
内側から出る美しさに繋がります。

それがまた、深みのある女性へと導いてくれます。

美しくなることを、訓練、試練のように捉えてはいません。

できない自分も認めて、美しくなることを楽しみながら
自分を幸せにしてあげます。

自分が幸せだからこそ、周りの方を幸せにしてあげたい、と思いますし
そうしているうちに、幸せの輪が広がっていきます。

美しく生きることが、自分と自分の周りの人たちの
幸せにつながる、と考えるのは、
決して大げさなことではありません。

…なんだか、
私が完璧にできているかのような書き方をしていますが、
私はまだスタート地点に立ったばかりです。

きっと、10年後、20年後の自分は、
今よりもずっと
「いい女」である、と信じて。

そして、一人でも多くの人を、
幸せにできる、と信じて。

長くなりますが、最後に、
私が実の父と母から教えてもらったことを書いて
結びます。

実家の香川を出る18歳の私に
父がもたしてくれた手紙に書かれてありました、
「人の価値は、どれだけ周りの人を幸せにしたかで決まる」と。

母は、自信をなくした私に言いました、
「プライドを持ちなさい。
自分の価値は自分で決めなさい。」と。

私は取り立てて自慢のできる特技はありませんが、
周りの人を笑顔に、明るくしたい、
そう心から思える自分に
sunaoに自信を持とう、と思って毎日過ごしています。

私の手から、この想いが伝わりますように。

東急ハンズにて

東急ハンズのsunao体感会にもお顔を出しますので、
お気軽にお声かけくださいね。

これから、どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリ: COLUMN