世界というのは開かれた本





世界は一冊の本
        長田弘
 
本を読もう。
もっと本を読もう。
もっともっと本を読もう。
 
書かれた文字だけが本ではない。
日の光、星の瞬き、鳥の声、
川の音だって、本なのだ。
 
ブナの林の静けさも
ハナミズキの白い花々も、
おおきな孤独なケヤキの木も、本だ。
 
本でないものはない。
世界というのは開かれた本で、
その本は見えない言葉で書かれている。
 
ウルムチ、メッシナ、トンプクトゥ、
地図のうえの一点でしかない
遙かな国々の遙かな街々も、本だ。
 
そこに住む人びとの本が、街だ。
自由な雑踏が、本だ。
夜の窓の明かりの一つ一つが、本だ。
 
シカゴの先物市場の数字も、本だ。
ネフド砂漠の砂あらしも、本だ。
マヤの雨の神の閉じた二つの眼も、本だ。
 
人生という本を、人は胸に抱いている。
一個の人間は一冊の本なのだ。
記憶をなくした老人の表情も、本だ。
 
草原、雲、そして風。
黙って死んでゆくガゼルもヌーも、本だ。
権威をもたない尊厳が、すべてだ。
 
2000億光年のなかの小さな星。
どんなことでもない。生きるとは、
考えることができると言うことだ。
 
本を読もう。
もっと本を読もう。
もっともっと本を読もう。

 


 


素敵な詩だ。

 

青山祐貴子

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です