闇は光の母 眼は光の子供

闇は光の母

     谷川俊太郎




闇がなければ光はなかった
 闇は光の母

光がなければ眼はなかった
 眼は光の子ども

眼に見えるものが隠している
 眼に見えぬもの

人間は母の胎内の闇から生まれ
 ふるさとの闇へと帰ってゆく

つかの間の光によって
 世界の限りない美しさを知り

こころとからだにひそむ宇宙を
 眼が休む夜に夢見る

いつ始まったのか私たちは
 誰が始めたのかすべてを

その謎に迫ろうとして眼は
 見えぬものを見るすべを探る

ダークマター
 眼に見えず耳に聞こえず

しかもずっしりと伝わってくる
 重々しい気配のようなもの

そこから今もなお
 生まれ続けているものがある

闇は無ではない
 闇は私たちを愛している

光を孕み光を育む闇の
 その愛を恐れてはならない

谷川俊太郎さんの詩を、ひとつ。
ことばの奥にある情景。
ことばの持つ鼓動。

 

全てが美しくて、わたしをわたしに戻してくれるような。

わたしもそんな美しさを纏いたい。

 

青山祐貴子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です