5月にオススメのお茶「ローズヒップティー」

春めいてきたなと思ったら一気に暖かく、時に暑いくらいの日も増えてきました。
梅雨まではポカポカ陽気が気持ち良く、行楽などお出かけの機会も増えるシーズンですね。

日差しが強くなると気になるのが紫外線です。実際に紫外線が強くなるのは5月から9月頃の夏が中心です。とは言っても冬でも紫外線は結構降り注いでいるので、今や一年中の紫外線対策は美容の常識と言えますね。
肌や髪への直接的なケアはもちろんのこと、体内からのインナーケアも心掛けると、長い目で見て差が出てくるかもしれません。肌も髪の毛もタンパク質なので、肉や魚、卵などはしっかり摂り入れましょう。あとは抗酸化作用のあるビタミン類を、食事や食間にうまく摂り入れたいものです。

美肌にはビタミンA、C、Eが有効とされていて、無理なく効率よく摂れるため、マルチビタミンサプリも良く見かけます。他には日常の食事や食間に飲むドリンクでもビタミンを摂り入れることが出来ます。
例えば煎茶はビタミンCが豊富で、レモンの3~5倍も含まれています。
茶のビタミンは熱にも強く、水に溶け出すのでお茶にして飲むのはまさにうってつけ。ビタミンAやEも含まれますが、これらは水に溶け出さないので、煎茶の栄養をまるごと摂り入れるには粉茶がおすすめです。茶殻も出ないので一石二鳥◎

ビタミンCで言うと、煎茶より更に多い飲み物として、ハーブティーのローズヒップがあります。
レモンの20倍のビタミンCを含むといわれ、ビタミンCの爆弾という言われ方もします。少し酸味があるので、アイスティーにしても美味しいですよ。

日本の健康茶の中では、柿の葉茶が優秀。柿の葉のビタミンCもレモンの10〜20倍と言われています。

ペットボトル茶は製造工程中に成分が変化していたり、比較的濃度も薄いので、茶葉を急須やポットで抽出することをオススメします。ティーバッグでも十分なので気軽に美肌対策をいたしましょう。


✍️スタッフH