6月にオススメのお茶


ハトムギ茶

梅雨時期の雨は、植物の成長に欠かせないものですが、高温多湿になると私たちの体調にも影響が出てきます。
東洋医学の考えでは、「湿気に弱い体質」というのがあり、体がむくむ・体がだるい・頭痛・めまい・食欲不振・関節痛などなど、挙げるとかなりの症状があります。これを引きずると夏の間、ずっと夏バテ状態・・など非常に辛いことになりかねませんね。

特に「胃腸」が侵されやすいと言われているので、この時期を乗り切るには、水分代謝を良くし、食べ過ぎを避けて胃腸を守ることを心がけましょう。
食材は、大きくは五味(甘・苦・酸・塩辛・辛)に分かれますが、胃には主に果物や芋類、豆類などの「甘」が良いそうです。ただ食べ過ぎると今度は水分が溜まりがちになるので、同時に余分な水分を排出する食材も摂るようにしましょう。旬のスイカ、ゴーヤ、冬瓜などがおすすめです。

適度な水分補給も必要ですが、滞ってむくむと逆効果。利尿作用があってデトックス効果が期待できるお茶をチョイスしましょう。
夏の飲み物の定番、ハトムギ茶は古くから漢方薬にも使われてきました。ミネラルが豊富で、利尿作用が高く、水太りしやすい人、むくみやすい人には特におすすめです。食物繊維も豊富なので、お通じもよくなりむくみを取ってくれます。おまけに、吹き出物やシミなどお肌の悩みにも効果があるので女性には嬉しいお茶ですね。
体を冷やさないように、温かくするか常温で飲むのが良いと思います。夏でも冷えやすい人は、生姜の薄切りを加えても美味しくいただけます。

ぜひおためしください。


✍️スタッフH