7月にオススメのお茶


温かいお茶のおすすめ

7月は二十四節気の暦で言うと、七夕の頃に小暑、23日頃に大暑がおとずれます。小暑はだんだん暑さが増すという意味で、大暑は文字のごとく夏の暑さが本格的になるという意味があります。小暑と大暑を合わせた約1ヶ月を「暑中」と言うので、暑中お見舞いを出すのは7月が最適とされ、夏のピークに差し掛かっています。

特にここ数年の夏は、7月もほぼピークと言える猛暑。まだまだ暑くて長い夏を元気に乗り切るには、まず7月に夏バテをしないように気を付けたいものです。夏バテは西洋医学では病気と定義されませんが。東洋医学では「注夏病」と呼び、病気の一種とされています。症状としては身体がだるい、熱っぽい、食欲がない、尿が少ない、下痢気味など。思い当たる症状があったら要注意。そして、大体が胃腸の弱りからくる関連症状と言っても過言ではありません。

暑いからと言って、冷たい食べ物、冷たい飲み物ばかりを摂ると、体内が常に冷え、胃腸も冷えて働きが弱まります。身体はそれを元に戻そうと、必要以上のエネルギーを使うことになり、疲れを引き起こすことになります。

冷たいものばかりに頼らず、意識してたまには体内を温める食べ物、飲み物を選ぶように心がけましょう。飲み物は、熱くなくともせめて常温で摂るだけでも違いがあると思います。
ただしカフェインのあるお茶は、摂りすぎると利尿作用が働いて、水分補給という意味では注意が必要です。夏バテ予防や解消には、麦茶を代表に、ノンカフェインでデトックス効果や疲労回復効果のあるドクダミ茶、ビワ茶、そば茶などもおすすめです。

外出時は、冷たいペットボトルはなるべく買わずに、常温のお茶を入れたマイボトル持参が理想ですね。夏の疲れを溜め込まないように暑さを上手に乗り切りましょう。


✍️スタッフH