乾燥が気になる1月の潤い補充スキンケア方法とは!


頬がカサカサ、唇の皮がめくれたり、と肌の乾燥サインが出だす1月の乾燥。
そんな季節は悩みも増えますが、やりすぎ注意なのは 洗顔やメイククレンジング!

メイク落としの洗いすぎは季節を問わず肌を乾燥させる原因になりますが、冬はより一層の注意が必要になります。

洗浄力が高いものはなるべく避け、特に乾燥肌の人はダブル洗顔不要なものを選ぶのも大切なスキンケア方法となります。

そして顔色がくすみがちな冬には、蒸しタオルを使うと顔全体の血行がよくなり、肌にツヤが出やすくなります。
蒸しタオル後は、クリームや美容液などが肌に入りやすくなるので、保湿肌へとみちびきます。

寒々としたバスルームのスキンケアでは肌も冷えて血行不良になりますので、入浴しながらスチーム効果を活かし、蒸しタオルパックで肌状態を高めていくとより効果的です。

乾燥が加速する1月のスキンケアは、肌をこすらず、保湿成分で優しく包み込み、"ツヤもち美肌"でカサカサ状態を乗り切っていきましょう!


✍️スタッフN